琵琶湖バス釣り2day残業

スポンサーリンク

20132年3月17日 琵琶湖バス釣 夜の部

もうちょい釣れるような気がする、、、晩御飯を食べて満腹になったらムラムラし、残業することに・・・ほんとしつこいですね
バイブレーションのリフトフォールが効くか?試してみたくなったんです.しばらくしつこくやってみるも反応なし.
あきらめて中層を巻くと40cm弱が1本釣れる.

安定のザリバイブ 完全な食わせじゃなくてちょっかいかけてきてる感じなのでしょうか?

釣れるとなんとなく人が寄ってくるのは仕方がないのですが、あまりに密集しすぎると投げるラインなくなってしまう.
気温は低いんですが、水温はそれほど低くないんですよね.前夜のこともあるし、もう少し粘ってみる

そろそろ腕も痛くなってきた、膝も腰も痛い・・・あと30分巻いて何も反応がなければ帰ろう.
そろそろ自分で決めた約束の30分、ラスト数投と思って投げたザリバイブ.
着水と同時にHit!しかし、ちゃんとアワセ入れられてない・・・
でも、コレはまあまあサイズやぞ!慎重にランディングしようと気合を入れ直した瞬間

『フっ』

巻きでひたすら粘って活性の高い回遊系の個体を当てたはずなんですが、痛恨のバラシ.
これ、やったらあかんやつやん.
ウィードレス性能を重視し、バレやすいダブルフックに交換していたザリバイブだった、という運の悪さもあった感じ.

オイ自分よ!このバラしが最後で帰れるか?
次回釣行への流れもあるし、小さくてもいいので釣って終わりたい.
結局、さらに1時間延長して1本追加.

元気いっぱい、おお暴れしたので砂だらけ・・・バス君ごめんなさい

今釣行でスピニングリールを使ったワームのキャストは5回くらいだろうか.
周りを見る感じ、ワームで食わせメインの釣りをしているバサーのほうが苦労している感じでした.
結果論ですが、今釣行に限ってはバイブレーションを信じてひたすら巻き続けたことがよかったようです.